それは李連杰から始まった


主にアジア映画の感想日記。洋画・邦画もあり。(管理人・梨花)
by loveacinema
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

キングコング

まずは一言。
長えええーーっよ!
どんな面白い作品でも、3時間越えはちょっとキツイわ。。
しかも、レイトショーで見ちゃったもんだから眠い、眠い。
ラスト1時間は、眠らないまでも、ぼんやり見てましたね。本当は、一番盛り上がってるところなんですが。
体調が万全な昼間に見たら、もうちょっと楽しめたかもしれません。時間を選んで行きましょう。

「無駄なシーンは一つもない」と前評判を聞いておりましたが、いやいや冒頭の1時間はかなり無駄やと思います(笑)
NYから、船に乗って未知の島に着くまでがたっぷり1時間。
島についてからは、ノンストップアクションでたしかに面白かったのですが、ここからさらに2時間10分もあるのですよ。普通の映画1本分です。
島に着くまでの、ダラダラした1時間で疲れてしまいました。せめて、20分くらいカットしてスピーディーにしてくれればなあ。
まあ、島に着いてからは「ジュラシック・パーク」+「キングコング」という感じで、2本見たようなお得感を味わえるでしょう。

巨大なムカデやらクモやら出てくるので、作り物であっても見るのもイヤ!という方には不向き。
長時間座っているため、首、腰などが弱い方にも不向き。
一日の半分くらい費やしてしまうので、お気軽なデートムービーにも不向き。
じゃあいったい誰にお勧めすればいいんでしょうか?(笑)
結局、アドベンチャーと動物が好きで、体力と時間がたっぷり有り余ってる人向けかな。
それから、よっぽど座席が良いシネコンでないとキッツイですわ~。

梅田ブルクにて鑑賞。
2005年・アメリカ
[PR]
# by loveacinema | 2005-12-19 20:14 | 洋画

Mr&Mrsスミス

ナビオTOHOにて、前売り券で鑑賞。

うわ~、えらいもん見ちゃったな。。(^^;)
旬の人気スター二人の魅力だけで客を呼べ!って感じですか。
敵対する組織の殺し屋同士であることを知らずに結婚しましたが、途中でバレて、お互いターゲットとして戦ったけど、やっぱり好きだから、二人で手を組んで組織をぶっつぶしましょ!という単純なお話。
これがフランス映画なら、ダークで悲しい話になりそうな設定なのに、アメリカなのでめちゃめちゃ明るい。
非常に気楽~な気持ちで見てられるので、「映画はデートの時間つぶしに過ぎない」という付き合い始めのカップルには最適ではないでしょうか?
ブラピ素敵~、アンジーがセクシーだったね~って言い合えて。それしか感想って無いからね(笑)

d0004844_155059.jpg見る前は、テンポのよいアクションを期待してましたが、山場にいたるまでがダラダラと長く、途中でうとうとと。。。
ラストの戦いなんて、お前らサイボーグか!と思うほど、無敵すぎて(呆然)
無駄に金かけてるため、爆破シーンが多く、絵ヅラの迫力はあるので「アクション映画は迫力が命!」という人なら許せるのかも。
楽しいレビューが書けないので、せめて、↑ナビオ前のきれいなクリスマスツリーでもどうぞ。
2005年・アメリカ
[PR]
# by loveacinema | 2005-12-12 15:55 | 洋画

SAYURI

梅田ピカデリーにて鑑賞。
チケ代:金券ショップで、松竹全日券を1200円×2=2400円で購入。前売り買うより200円お得。

これを「日本のお話」だと真面目に見る日本人は少ないですよね?
「昔、あるところに日本みたいな国があって、芸者みたいなダンサーたちがいました」
という、おとぎ話感覚で見れば、けっこう楽しめると思います。

大後寿々花ちゃん演じる、千代の少女時代が意外にも長かったです。
たとえば「覇王別姫」の少年時代の修行部分ほどに。物語の1/4くらいを占める重要なパートです。
初桃(コン・リー)から受けるイジメや、辛い修行部分では思わず目頭が熱くなり。。寿々花ちゃんが、けなげで可愛らしいのよ~。この子は、きっといい女優さんになりますね。
「おしん」も、そうでしたが、子供が辛いことに耐えて懸命に生きる、ってのに日本人は弱いよね。

さて、成長した千代(チャン・ツィイー)は、置屋のおかあさん(桃井かおり)から「さゆり」という名前をいただきます。
とにかく、桃井さんの存在感には、圧倒されます!英語しゃべっても、やっぱりあのけだる~いしゃべり方なんやね(笑)ものすご、印象に残るわ~。
コン・リーが、チャン・ツィイーをイジめる図というのは、実にリアルというか(^^;)。で、豆葉(ミシェル・ヨー)が、面倒見のいい姐さんというのも、雰囲気にぴったり。
工藤夕貴は、さすがに英語セリフはお手の物で、安心して聞いていられる。

セリフは、全編英語とはいえ、「おかあさん、お姐さん」「ありがとう」「こんばんは」「置屋(おきや)」「着物」など、簡単な挨拶や、英語に置き換えられない独特の言葉はそのまま日本語で。
だから「さゆり」「初桃(はつもも)」など、芸者の名前もそのまま。
なのに、工藤夕貴の「おカボ」だけは「Pumpkin」と呼ばれていました。(カボチャの"カボ"だったのね)
あと「京都」という言葉は出てこず、「都(みやこ)」と言っておりました。でも「大阪(おおさか)」は何度も連呼してたなー。
それから「旦那(だんな)」という言葉を「パトロン」などに変えず、そのまま使っていたのが粋でした。

「さゆり」役が、日本人ではなかった理由について、先日監督がインタビューに答えているのを見ました。「特に踊りのできることを重視したら、ツィイーになった」とのことで。
たしかに、舞台で踊るシーンでの体の柔軟さは、舞踊の基礎がある彼女ならでは。
あくまで「日本舞踊」ではなく、「オリエンタルダンス」ですがね。

ちょっと、細かいツッコミを入れるとすれば
いくら日本みたいな国とはいえ、わざわざ相撲を見せる場所を作っているのだから、せめて「満員御礼」という札くらい、ケチらないでちゃんと書いてほしかったですね。。
「礼」の字が「禮」という中国語(繁体字)になってますし。その上、素人が書いたのが丸わかりのヘッタくそな字で。。私の方がもっと上手い筆使いしますぜ(笑)
それから、やっぱり着物を着慣れていないツィイーは、ときどき大股で歩いちゃって、太ももがぺろ~んとあらわになっておりました。「やまとなでしこ」なら、裾は押さえて歩きましょう。。

そこらへんを差し引いても、日本の伝統芸能への敬愛を感じました。
「芸者は、芸を売るのが仕事であり、動く芸術品」と何度も訴え、「体を売る女とは違う」と、外国人の誤解を解く。
日本文化を全世界にわかりやすく紹介するプロモーションビデオのようなもの、と気軽な気持ちで見てください。

2005年・アメリカ [公式サイト]
[PR]
# by loveacinema | 2005-12-11 16:03 | 洋画

輪廻〜舞台挨拶レポ〜

12月2日・御堂会館で行われた試写会にて鑑賞。
いつものように司会者が現れて「今日は特別ゲストに来ていただいてます!」と発表。うーむ、舞台挨拶ありだったのか。そうと知ってたら、もっと前方の席を探したのに。。
舞台袖から、清水監督が登場。
「どんなスペシャルゲストかと期待したら、こんな無精ひげの小男ですみません」(会場・笑)
「でも、今日は知り合いを連れてきました」と、知り合いを呼ぶと。。優香さんでした!
さすがに、これには客席から「可愛い〜!」と歓声が。ああー、ますます前に座ればよかったよ(^_^;)

司会「撮影中に、何か不思議なことは起こりませんでしたか?」
監督「特に無いですけど。。あっ、僕が倒れたくらいかな。駅で倒れて、ロケ現場に行けなかったんです。で、このとおりの小汚い格好なので(笑)誰も助けてくれなくて、自力で病院へ行ったら、なんともなくて。。でも、帰ってきたら、また具合が悪くなってロケに1日行けませんでした。」
それは、かなり不気味な体験ではないでしょうか。。
続いて、優香さん。
「私は、まったく無いですよー。でも、フィルムには何か写ってるらしいです。
ふーむ、みんな見る前から驚かすねえ。

優香「みどころは..私がすごい顔をしますが、嫌いにならないで下さい(笑)」
監督「ミステリーの要素もあるので、ホラーが苦手な人にも見て欲しい。あいつはいつまで『呪怨』でメシ食ってんだと言われたくないですし(笑)」

まさか、舞台挨拶があるなんて思わなかったので、ちょっとお得な気分でしたわ。(^^)さて、感想ですが。。
「輪廻」のタイトル通り、前世で殺害された11人の現世での奇妙なお話。
この監督さんの特徴ですが「見せて驚かせてナンボ」でしょう?
だから、"幼女&人形"というホラー映画の最恐アイテムですら、だんだん見慣れてくるんですよ。。
「怖〜い」→「あ、また出た。。」→「この人形はブライスに似てるかも」
なんて、だんだん冷静に見られるようになっちゃって(^^;)
私はどっちかというと「うっすら見えそうで見えない」方が、恐怖を感じますねえ。「リング」タイプの映画ね。
清水さんは「死人の不気味な動き」を、惜し気も無く見せるので気持ち悪いんですが、怖いとは思わないですねえ。

今作は「呪怨」と違い、謎解きがあるので、ただ驚かせるばかりではありません。
謎1)なぜ犯人は自分の家族だけでなく、ホテルの従業員・宿泊客合わせ、11人もの命を奪ったか?

これはですね〜..そんなことで皆殺しされたら、そりゃ浮かばれんわ!っていう理由ですわ。納得いかんなあ。

謎2)誰が誰の生まれ変わりか?

これは、最後まで気づきませんでした。だまされました。この驚きだけでも、見てよかったですが、後味は悪いですね。
しかしですね。。これ以降は、ネタばれしますので、コメント欄に書きますね。
これから映画を見る方、知りたくない方は、決してクリックしないでください。↓
[PR]
# by loveacinema | 2005-12-09 19:22 | ホラー

ケン・ワタナベが再婚

↑ハリウッドスターらしく書いてみました。が、ニュース自体に興味があるわけではなくて。
今朝の「めざましTV」で、K部アナがしつこいくらいに、「さすがハリウッドスター、NYから逆にニュースが。。」「さすがハリウッドスター、AP通信が全世界に配信」とか、何回ハリウッドスターと、連呼していたことでしょう。
そんなに「ハリウッド・スター」とやらは、エライんでしょうか?権威に弱い人ねー。

そもそも、適当なことを言うので信用ならんからな~。
記憶に新しいところでは、「F4のリーダーは、ケン・チュウ」ってのがありましたね。
たまに、6時台と7時台で違うこと言ってる日もありますからね。
今日なんて、オデコとあごの部分が、ぬるぬるとテカっているのが気になって仕方なかった。
オデコは汗だと思うが、あご部分はヨダレなのか、豪快な汗なのか。。
カメラが当たってない時に「あぶらとりハンカチ」で、サッと拭いてくださいよ。
[PR]
# by loveacinema | 2005-12-08 13:57 | 映画関連ニュース

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

3人とも、大人になりつつあるのねえ。。
他の学校の女子を見て、胸がきゅーんとなったり(ハリー&ロン)、お風呂でヌードを披露したり(ハリー)、ハーマイオニーは複雑な女心に苦しむし。。ああ、青春なんだねえ。
次回作では、ロンとハーマイオニーなんて、キスでもしちゃいそうな成長ぶり(笑)
まあ、これ以上のことはちょっとね~。ファンタジーなんですから。お子様も見てますし。。
あと、気になったのは、ハリーはメガネかけたまま、お風呂に入るんですね。
全裸にメガネ。。これは「メガネ男子」好きには萌えポイントだろうか。

それ以外の魔法対決は、どれも迫力があって面白く見ていられました。
画面が暗いことが多いので、ちょっと目が疲れましたけど。。
でも、欲を言えば最初のクイディッチのワールドカップはもうちょっと長く見たかったな~。
会場が広い、というか高いのはよーくわかったからさ(笑)競技をもっとね。
あまりに唐突に「何か」が邪魔しに来たので、フィルムが切れたのかと思いました。

それから「ヴォルデモート卿」役のレイフ・ファインズですが、ぜんぜん誰だかわからん。。あんな特殊メイクするなら、彼でなくてもいいのでは。。

メインキャストが大人になるにしたがって、だんだんダークなシーンが増え、大人も楽しめるようになってきたかな。。もう一度見に行こうとは思いませんが。
ファミリーにはファミリーなりの、大人には大人の見所があって、楽しめるでしょう。

2005年・アメリカ
[PR]
# by loveacinema | 2005-12-01 23:52 | 洋画

大停電の夜に

12人の登場人物のエピソードがそれぞれ最後には上手く結びつく。。
世間って狭いのね、というお話。いや、そうじゃなくて。

最近やたら、日本で見かける「安部力」くん。(日本版・F4では美作)
F4にしては、髪型が古臭いんじゃないですか~?と思っていたが、中国から研修に来た真面目なホテルマンということなら、よく似合う。
彼は、女たらしより、仕事熱心な好青年役の方が雰囲気に合ってますね。
彼の中国語は「停電だ!」という一言だけで、あとは全部日本語。セリフでは「日本語、変ですみません」と言ってますが、全然おかしくないですよ。
かつて、金城君の独占市場であった「日中ハーフで日本語堪能な男前」ポジションを狙ってます。日本でやっていく気マンマン(笑)。

個人的には、宇津井健さんにまつわるエピソードがとてもじーんとしました。
私が小さい頃から「赤いシリーズ」でずっとお父さん役をされてた俳優さんですが、今は味のあるお爺さん役で、とっても素敵です。
最近は「鳶がクルリと」でも、引退した鳶の役どころで、お元気な姿を見せてくれました。

元ヤクザの吉川さん(モニカ)パートもええ話でしたわ。。
出所してきたら、女はすでに結婚しており、二人目の子供を出産間近。
地下鉄の中で産気づいたところで、大停電に巻き込まれ、地下道を歩いて病院へ!
車中の人もいい人ばっかりで。。で、吉川さんは、彼女(寺島しのぶ)を背負って、ひたすら歩く。
いろんな人に助けられ、出産した「別の男の赤ん坊」を抱いて、吉川さんが一言。
「重えな。。」
寺島さんを背負ってるときは「重い」なんて言わなかったのに。
生まれたての赤ん坊を抱いた時に、その命の「重み」を感じたのでした。
さらに、このエピソードのラストでは場内のあちこちからすすり泣きが。。

トヨエツも、かっこいいやら三枚目やらで、素敵でした。彼のパートが一番笑いが起きました。
12人もいると、書くこといっぱいですが(笑)
あとは、劇場で見ていただきましょう。

ろうそくの光ってあったかくてキレイなんだ、としみじみ思わせてくれました。
一晩くらい電気がなくたって困らない。これだけ美しいお話がいろいろ生まれるのなら!
今年のクリスマスは、電気を消して、ろうそくの灯火だけで祝ってみるのも素敵ですね。

2005年・日本
[PR]
# by loveacinema | 2005-11-21 18:15 | 邦画

レビューするにいたらなかった作品

レビューする程でもない(できない)作品の一言コメント

「ベルベット・レイン」
うー..途中、記憶を失っていたため、感想書く資格がありません..(^^;)
でも、余文楽のビジュアルは、今までで最高に素敵だったなと思います。

「鳶がクルリと」
Vシネマを見ているようでした..
でも、観月ありさのスタイルの良さはテレビサイズではなく、映画向きだなとわかりました。足長え〜の。

「Be Cool」
久々のロック様を見られたのが、収穫です。
彼は、よくB級アクション映画の主役を演じておりますが、こういう脇役の方が目立って面白いなと。
[PR]
# by loveacinema | 2005-11-11 22:11

同じ月を見ている

ドンを演じたエディソンの主演映画、と言っても過言ではありません。
窪塚洋介演じる熊川鉄也("くまかわてつや"って。。)の主観で話は進んでいくものの、原作どおり「ドンの映画」でしょう。
原作漫画は未見ですが、この方のほかの作品はいくつか読んだことがあります。
そこでは「ドンちゃん」が主役ということで、かなり痛いお話なのでしょうね。
「痛い」というのは、心の方も、体の方もです。
そう、土田世紀さんは、読者に痛みを感じさせる画力を持った漫画家さんなのです。

「ドン」という名前から、在日華人かと思っていましたが、違うの。これは「ドンくさい奴、ドン亀」というひどいあだ名から。つまり、いじめられっ子の日本人役なのですよ。
台詞回しの方は大丈夫なのかしら。。と、心配しましたが、よけいなことでした。
もともと、ドンは口数が少ない役なので、さほど発音は気になりません。
それより大事なのは、表情です。
目で、後姿で、体全体で演技するエディソンが実に素晴らしい。
もし、私が中華迷でなくても、鑑賞後にどのキャラクターが印象に残ったかと聞かれれば、迷わず「ドンちゃん」と答えるでしょう。

他に印象的だったのは、山本太郎さん。
この人は、心根の優しいチンピラ役(笑)をさせたら、日本で右に出る者はいないね。
エディソンと太郎ちゃんの出てくるシーンは、すべてウルウルっときますよ。さすが「ウルルン滞在記」によく出ているだけのことはある。←太郎ちゃん

ヤクザのいざこざに巻き込まれたドンちゃんは、銃撃され、その助かった理由というのが..なるほど、これは伏線だったのか。
これが、ラストに効いてくるので、一言たりとも台詞のお聞き漏らしのないように。
お世話になった寺で、ドンが絵を描くシーンでの鬼気迫る演技には圧倒されますが
「ああ、立派な畳が..高そうなふすまがもう使い物になら〜ん!」
と、いらんこと考えてしまいました(笑)

窪塚くんは「昔なら断った嫌な奴の役」と、プレスシートでも述べておりますが..
うそやーん!君、ドラマ「リップスティック」で、彼女に売春させて鑑別所に入れられた最低男の役やってたやん!(笑)
まあ、もともと幅広〜い役のできる俳優さんなんですけどね。

本当に、美味しい役をもらいましたね〜、エディソン。
窪塚くんの本格的復帰作であり(ちなみに、友情出演での復帰作は「鳶がクルリと」の美容師役)、人気漫画の映画化ということで、注目は集まるでしょうし。
今、流行の「泣ける」というキーワードで、宣伝されるでしょうから、ヒットするような気がします。
そんなわけで、今までとは比べ物にならないほど、エヂの知名度、好感度は一気に上がることでしょう。
2005年・日本

↓コメントはネタばれありですので、見たくない方はクリックしないでください。
[PR]
# by loveacinema | 2005-11-08 23:26 | 邦画

コープス・ブライド

前にも書きましたが、「ティム・バートン&ジョニー・デップ」のコンビに外れ無しです!
実は試写会で見て、さらに劇場でも見ました。「ナイトメア・ビフォー・クリスマス」は、入り込めなかったのですが、これはとっても好きです。
ジョニデは声だけの出演なんですが、弱々しいけど優しい青年の雰囲気がよく出てると思います。

ティム・バートンの作品の雰囲気がどうしても苦手だ、という人以外、どなたにも超おススメです!
いまどき、人形を一コマづつ動かしていく丁寧な作りの作品ってあまり無いですし、すごく気合が入ってます。パッと見、CGアニメかと思うほど、なめらかな動きですしね。

人形アニメミュージカルであり、ラブストーリーなので、大人の方が楽しめる内容です。
可愛いとはいえ、死体とかあの世のキャラがいっぱい出てくるので、お子様の方が嫌がるかもね~。

「死体の花嫁」の流す涙には、ホロリときます。
特に、ラストシーンの美しいこと。。
80分くらいの作品なので、お時間は取らせません!ぜひ劇場で、この美しい世界を堪能しましょう!

2005年・アメリカ
[PR]
# by loveacinema | 2005-11-05 17:02 | 洋画


カテゴリ
以前の記事
このblogの玄関
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧