それは李連杰から始まった


主にアジア映画の感想日記。洋画・邦画もあり。(管理人・梨花)
by loveacinema
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:ジャッキー・チェン( 4 )

THE MYTH・神話

エバエアーの機内で鑑賞。

中国語字幕のみでしたが、そんなに難しい話ではないし、だいたい筋はわかりましたよ。
しかし、大きなスクリーンで見たら迫力あるでしょうねえ。
冒頭の山地での戦いシーンで、いきなり引き込まれます。
馬も、なかなかの芸達者ですわ。(メイキングを見てわかった)

さすがのジャッキーも昔ほど、体が小回り効かなくなってますから、あの手この手でいろいろ見せ場を考えてますね。
自分の動きが衰えたら、相手も動きにくい状況にすればいいのだと。
そういえば、漫画「あずみ」でも、じじがそう言ってたなあ(笑)

レオン・カーファイは、コメディ部分を担当。
いやいや、かなり笑わせてくれましたわ。この人は、主演もできるけど、脇でいい味出す素晴らしい役者さんだわ。
アクションあり、笑いありで、万人が楽しめる作品だと思います。

さて、明日から試写会続きです。
「イーオン・フラックス」「力道山」と見てきます。
どちらも、早く見たかったので楽しみ♪
[PR]
by loveacinema | 2006-02-27 20:45 | ジャッキー・チェン

香港国際警察(2回目)

いよいよ今週末で終わりということで、もう一度見たくなり行ってきました。
そしたら!
夕方と夜のみの上映とはいえ、シネコンの一番大きいスクリーンに移されてました。
前回は中規模のシアターで見たのですが、音響設備もさすがに格段に違う。
特に2階立てバスが香港の街を暴走するシーンなんて、大迫力!
ああ〜面白かった。

さて、ここから下は「ハン家の息子たち」について、思いっきりネタバレしてますので、ご覧になってない方、知りたくない方は飛ばしてください。
↓ ↓ ↓

ハン家の三男「サミー(洪天照)」の出番を探そうと、目を凝らして観察しました。
たぶん..ですけど。
オープニングの銀行に突入するシーンで、ジャッキー班と、ティミー(ハン家長男)班に分かれて進むのですが、この時ジャッキー班にいる背の高い若者がサミーではないでしょうか?自信は無いですけどねえ..
あと、ホーイーがダニエルのニセ情報に騙されて、警察署に入って来た時、
「ホーイーさん、どうしました?」って聞く方..かも。
結局は、DVDでコマ送りで見ないと、確定はできないですね。

ティミーのファーストシーンは会議室かと思ってましたが、違いました。
冒頭で、ジャッキーが手榴弾をマンホールに投げ込んだ後、「警部、大丈夫ですか?」と助け起こす時が最初の出番ですね。
それにしても、ティミーの脚は長いわ〜。素敵..
背の高さを目立たせないよう、なるべく後方に立ってました。
その後、あっさり二の腕撃たれて殉職。(たぶんね。少なくとも吊られてる刑事の中にはいなかったかと)
出番は少ないものの、「ティンミン!」って呼ばれてアピールしてるし、遺影の最前列に座らせてもらってるなど、厚待遇なのでは?

パンフには、「ティミー・ハン」(サモ・ハン・キンポー長男)「サミー・ハン」(サモ・ハン・キンポー三男)と書かれていました..(泣)
でも、日本ではそういう紹介のされ方でも仕方ないよね..

ああ、何度見ても、ラストの「ダニエルが拳銃分解するシーンの不敵な笑み」にぞくぞくするわ〜。
あなたは、一生悪役で輝いてちょうだいっ!
[PR]
by loveacinema | 2005-04-20 21:52 | ジャッキー・チェン

香港国際警察

面白いよーっ!こんな面白い香港映画見るのは「カンフーハッスル」以来だよ(←つい最近だって)
まさにザッツ・香港ムービーって感じの、王道路線ですな〜。
香港映画の重要ポイントを全て詰め込んで、大成功!

ポイント1)ゲ○
いきなり冒頭からジャッキー、酔っぱらってゲ○連発
しかも、2回も同じシーン流してるし。

ポイント2)ワイヤーアクション
そうそう、香港アクションはこうでなくっちゃ!
CGを使うのは、ワイヤーを消す処理だけでよい。後は、役者が体で勝負。

ポイント3)香港の街をめちゃめちゃに破壊。
暴走する2階立てバスが、香港独特のニョキニョキ突き出た看板を次々とぶっ壊す!
これは、まさに香港の街でしか撮れない。

ポイント4)悪役はとんでもなく極悪非道。
いいのよ、ダニエルが..今までもキレた悪役って、何度か演じましたけどね。
今回はその元になる理由がちゃんとあって、せつないのよ〜。
そりゃ、そういう風に成長しちゃうわな。という、観客の同情もしっかりゲットしつつ、男前ぶりを発揮。こりゃ人気出そうだわ。

ポイント5)スクリーンから香港の風景を楽しめる
九龍と香港島との間って、とっても絵になる。高層ビルが多いし、夜景がきれいだし。
また、ダイナミックな空撮が迫力満点。こんなの日本じゃ行政がうるさくて撮れません。

ポイント6)エンドロールのNG集
ジャッキーのハリウッド作品のNG集は、はっきり言ってつまんなかった。セリフの言い間違い、笑って吹き出すとか..そんな普通の俳優のやること、観客はあなたに求めてませんよ!っという不満を一気に吹き飛ばしてくれた。
まさに生きるか死ぬか、イチかバチかのNGシーン。これこれ!これですよ!でも、本当は心配してるので怪我しないでね〜。

あと、マニアにしかわからないポイント
1)Jimmy兄・洪天明のカメオ出演。
出る、と知ってなければ、冒頭の会議室のシーンは見落としてたかも。
まあでも、脇も脇ですから。もし、ティミーだけを目当てに行くと「ええ〜っ?こ、これだけ?」と思うはず。でも、これだけ面白い映画にちらっとでも出演できたんだから、ティミーも本望でしょう。

2)脇役がゴージャス!
王傑にも驚きましたが、ラストに台湾の某大物歌手が出てくるなんて!
ほとんど予備知識を入れてなかったので、びっくりしました。
でも、あの役めっちゃ似合ってたな(笑)

断言しますが、ここ数年のジャッキー作品の中で群を抜いて、力の入った傑作だと思います。
それに、ニコラスのエピソードが心にぐっときます。アクションもがんばってたし。
一つだけ不満を言うなら、ひこそとジャッキーの肉弾戦アクションが見たかったよお〜(>_<)。ひこそはカンフーできるから、きっと迫力あるラストになったろうに!
今度はぜひ、ひこそ主演のアクション映画が見たいものよ..

香港アクションが好きな方、初めての方、もうあれこれ言いません!
早く見に行って!でなきゃ上映終わっちゃう!これは、スクリーンで見てこそ楽しめる映画です!

2004年・香港、中国合作
[PR]
by loveacinema | 2005-04-02 15:11 | ジャッキー・チェン

80デイズ

ジャッキー・チェンの最新作。うちの近所では、今日で終了なのであわてて見に行ってきました。

うわ〜これ、楽しいよ!
小物使いはもちろん、あいかわらず体を張ったアクションで楽しませてくれます。
今回は、世界各国(といっても映画では4カ国しか行ってないけど)の歴史上の人物とからみながら、珍道中を繰り広げるのが面白い。

特に!私たちカンフーアクション好きにはたまらない、中国パート。
西太后みたいな付け爪の女盗賊のカレン・モクや、黒サソリ団の手練れの男にダニエル・ウー(ひこそ)、そして太った黄飛鴻役にはサモパパ!!
私の知る限り、黄飛鴻(ウォン・フェイホン)を演じた役者では最重量級ではないかと。
カレンもアクションはけっこうがんばってたけど、見どころはひこそですよ!
やっと、自分の特技(カンフー)を生かせる役が来たのね〜..
どうして、彼のような男前で本物アクションのできる役者が、アクション映画にあまり出ないのかがわからない。演技の方で、勝負したいからでしょうか?
いやー、でもジャッキーに負けないくらい、スピードも力強さもあったよ!これからも積極的にカンフーアクションやってほしいなあ。

他の国のパートでは、シュワちゃんとか、オーウェン・ウイルソン("シャンハイナイト"でジャッキーの相棒)などの人気役者が出ているけど、私は中国パートだけでお腹いっぱいです。
あ、カレンは大ボスなので、最後まで出てきますけどね。
カンフーアクション好きには、ぜひおすすめしたい。
[PR]
by loveacinema | 2004-10-03 17:00 | ジャッキー・チェン


カテゴリ
以前の記事
このblogの玄関
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧