それは李連杰から始まった


主にアジア映画の感想日記。洋画・邦画もあり。(管理人・梨花)
by loveacinema
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:アニメ( 1 )

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章

長いタイトルやなあ。とにかく「北斗の拳」ですよ。
昔は漫画も好きで、よく読んでました。「漢」(おとこと読む)の世界に、か弱い女はしびれますからね(誰がか弱いねん)。

阿部寛さんのケンシロウの声は、ハマってましたねえ。
ずっと吹き替えしてきた神谷明さんと、声質が似てるのかまったく違和感がなかったですよ。
でも、宇梶さんは。。あの巨体の絵に比べて、声が軽~いの。
ラオウはもっと、どっしりした声の人じゃないと。
巨体といえば、ケンシロウでも190cmはあるかと思いますが、比較するとラオウは2m50~70cmはあるはず。
その巨人を乗せてるデカイ馬「黒王」は、いったい何トンあるのでしょうか。。人間をひづめで踏み潰してるから、相当なもんだと思います。

この漫画って、豪快なセリフのオンパレードで
強制的に連れてきて、酷使労働させている飢えた子供たちに向かって
「お前らが飢えても、皇帝サウザー様は飢えん!」。。な、何様ですか~!
あと忘れたけど、見ていてあっけに取られることが多くて面白かったですわ。

それにしても、すぐ死んじゃう雑魚キャラたちって、どうしてあんなアホンダラな笑い方するんでしょうか?
「ウーヒャッヒャッ!」「グヘグヘグヘ!」「アヒャアヒャ~!」みたいな。

とにかく、この漫画に登場する男って両極端で、「極悪非道」か、「男も惚れる"漢"」のどっちか。まあ、なんてわかりやすい。
リサイタルホールの試写会で見ましたが、年齢層高かったです。
小さい頃から見ていて大人になった、20~40代男性がほとんどで子供はあまり見かけませんでした。
チラシを見ると、すでに5作目まで製作が決定している様子。まあ、気が向いたら次も見ます。
[PR]
by loveacinema | 2006-03-09 22:38 | アニメ


カテゴリ
以前の記事
このblogの玄関
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧