それは李連杰から始まった


主にアジア映画の感想日記。洋画・邦画もあり。(管理人・梨花)
by loveacinema
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バットマン・ビギンズ

この映画のプロモーション作戦は、「日本用」と「その他の国用」ではまるで違うのね..と、思い知らされる渡辺謙の出演分数(苦笑)。

総出演数、○○分もあったでしょうかね〜?
チラシに「決して出番は多くないが、キーワードになる役で..」と、わざわざ書いてあったので期待はしてなかったけど、やっぱりね..
まあ、アジア俳優のメジャー進出への第一歩と思えば、良い方だと思います。アップのショットも多かったですし。

バットマンって、ただ「金持ち」なだけで、スパイダーマンと違って、特殊身体能力の無い生身の人間ですからね。
武器は会社に発注してるし(笑)衣装も社員による手作りなんですよねえ。
だから、接近戦では殴り合いやキックという、原始的な戦い方。画面が暗いなので、なんとも見づらい..

またまた、モーガン・フリーマン登場。よく働く方ですねえ。
今月に入って、もう2本も彼が出演してる作品を見ましたよ。
もうすぐ、「ダニー・ザ・ドッグ」も見るし..日本は今、「モーガン・フリーマン祭り」ですね。

誰が見ても楽しめるとは言えないですが、アメコミ好きな方ならぜひ。
2005年・アメリカ
[PR]
by loveacinema | 2005-06-17 21:43 | 洋画
<< 電車男 ミリオンダラー・ベイビー >>


カテゴリ
以前の記事
このblogの玄関
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧