それは李連杰から始まった


主にアジア映画の感想日記。洋画・邦画もあり。(管理人・梨花)
by loveacinema
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

コンスタンティン

あ〜..日本人には共感湧かないテーマかも。
「キリスト教における神と悪魔の役割」を、日常的に感じている欧米の方々には、わかりやすく面白いのだと思います。

決して、面白くないわけではないのです。
キアヌはかっこよかったし、ファンは満足できると思います。
それより印象的だったのは、レイチェル・ワイズの若々しさ。
来日した時のニュースで、彼女が34歳と知って驚いたのですが、映画では20代半ばにしか見えないよ〜!さすが女優さん。
ハリウッドのエージェントに登録する時に、実年齢は重要ではなく「○歳から○歳まで演じられます」と、経歴書に書くとどこかで読んだことがありますが、この人は20代の役がまだまだ当分いけますねー。

最後に一言言わせてもらえば、
「魔王ルシファーはそこらの下手な医者より名医」
↑この意味は、映画を見て確かめてください。

あ、そうそう!
エンドロールが終わるまで、席を立っちゃダメです!
次作につながるかも?な大事なシーンが残ってるのですよ。
それを知らずに、早々に席を立っちゃう人もちらほらいましたが「このシーン」によって、少しホッとした気持ちになれるので、損してますね。
[PR]
by loveacinema | 2005-04-29 23:52 | 洋画
<< 英語完全征服 Shall We Dance? >>


カテゴリ
以前の記事
このblogの玄関
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧