それは李連杰から始まった


主にアジア映画の感想日記。洋画・邦画もあり。(管理人・梨花)
by loveacinema
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

イーオン・フラックス

大阪厚生年金ホールの試写会にて鑑賞。

シャーリーズ・セロンのナイスバディを楽しむ映画。
それ以外に、何が見どころかと言われると難しい。。
SF映画の定番みたいな話ですからね~。3年に1回くらいしか、SF映画見ない人でも、イーオン(主人公)の正体というのは、始まって30分もしないうちにわかるのではないかと。
だから全然驚きも無いですわ。私は、この1年に何本同じ設定のSF映画を見たことか。
ふーん、それでもう一ひねりあるのかな?と思ったら、それで終わりで(苦笑)

セロンのモデル体型は、人間離れしていて、まさにアニメのアンドロイドみたいなので、こういう映画はよく合ってると思います。(アンドロイドではないですよ、念のため)

せっかく、バレエ経験者で体の柔らかい彼女を使っていながら、その動きを生かしきれてないのがもったいない。
というか、この女性監督はアクションの見せ方を知らないですよね。
香港から、誰かアクション指導を呼んできたらよかったのに。
あるいはツイ・ハークに撮らせたら、10倍は面白い映画になったでしょうに。

どうしても、セロンを見たいファンは見ればいいと思いますが、SF映画ファンには物足りないでしょうね。
終わった後も、ロビーで口々に「宣伝の割には、いまいちだったね~」という声が聞こえましたよ。
レディースデイ以上のお金を出したらもったいない。ああ、試写会でよかった。地下鉄代だけで済んだわ。
[PR]
by loveacinema | 2006-02-28 22:48 | 洋画
<< 力道山 THE MYTH・神話 >>


カテゴリ
以前の記事
このblogの玄関
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧