それは李連杰から始まった


主にアジア映画の感想日記。洋画・邦画もあり。(管理人・梨花)
by loveacinema
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ご挨拶

もうこちらを見てくれてる方は少ないと思いますが、いくつもブログを管理するのは大変なので、元ブログの方で映画ネタも更新しております。
今後はこちらも、よろしくお願いします。
ASIA花美男楽園★blog
[PR]
# by loveacinema | 2006-12-21 00:31

花よりもなほ

たまには、こういうまったりしたほのぼの時代劇もいいですね~。
主人公がV6岡田くんですから、若い女性ファンもいて、老若男女幅広い年齢層でした。

岡田くんは、父親の仇討ちに江戸に出てきた侍なのですが、武術は弱く、どっちかというと学者肌。家で、子供たちに手習いやそろばんを教えてます。
弱いと見せかけて実は強いのかと思ったら、本当にずっと弱いのですよ。
この映画はいわゆるチャンバラアクションではなく、人情劇なので、書きたいところはそこではないのですね。
元禄(犬将軍・綱吉の時代)の、のんびり~とした時代の雰囲気が、実に良いです。

しかし、岡田くんは本当に美形ですよね。。目鼻立ちがくっきりしていて、スクリーン映えするし。
個人的には、ジャニーズ内で一番男前だと思いますわ。
ちょん髷スタイルになっても、あんなに似合う人なんてなかなかいませんよ。

岡田くんの次に印象に残ったのは誰かと聞かれれば、キム兄(えみり・夫)ですね!
次は、ダチョウ上島さん。すごく、いい味出してます。
ここらのお笑いさんたちが、貧乏長屋の味わい深い住人で、いろいろ笑かしてくれますわ~。
あまり時代劇を見ない若い世代にも、受け入れやすい雰囲気なので、おススメです。
いい気分で映画館を出られる、そんな気持ちの良い作品でした。
[PR]
# by loveacinema | 2006-06-15 17:08 | 邦画

デイジー

試写会も含め、いろいろ見に行ってるんですが、なかなかアップする時間がありません。。
この作品も、もう2週間くらい前に行きました。

韓国映画なんですが、まったく韓国の匂いを感じさせません。
舞台はオランダ、監督は香港のアンドリュー・ラウ、ということで、銃撃シーンなどは香港テイストたっぷりです。
たとえば、これを香港映画でリメイクしたら、チョン・ジヒョンの役はセシリアになるんでしょうな。
でも、チョン・ウソンの役は誰ができるのか、考え付かない。。
香港って、20代と40代の役者は充実してますが、30代の中堅どころがパッと思い浮かばないですねえ。

ストーリーですが、まずは主人公の女性の視点からまず描かれ、次に刑事の立場、そして殺し屋の男など、それぞれの視点から見ることができて、けっこう面白かったです。
オランダの街並みや、田舎の自然も素敵ですし、見ていて良い気分になれます。
デートムービーに、なかなかよろしいかと思います。
[PR]
# by loveacinema | 2006-06-14 16:45 | アジア映画

ダヴィンチ・コード

みごとに、マスコミの煽り宣伝にしてやられた作品ですね(苦笑)。
まず、あれだけポスターやら、特番でさんざん見せてる「ダヴィンチ」の絵がほとんど出てこないって。。(^^;)
鑑賞後に「もっと絵が見たかったね~」と、お客さんが口々に言ってたけど、その通り。
よっぽど、テレビの特番の方が、ダヴィンチのエピソードをいっぱい紹介してくれて面白いですわ。
特に、キリスト教文化ではない日本において
「この映画の本当のミステリー」に、どれだけ興味ある人がいるのでしょうか?

結局、私とダンナの感想は
「謎はわかったけど、だからそれが何なの?」
というところです。。

サスペンス物としても、たいしてハラハラしないし、あっという間に暗号解読しちゃうし。プロのスパイかよ。
やっぱり、知人に借りた原作本を読まないと、理解できないんですかねえ。。
これを2時間半に無理やりまとめたんだから、凝縮するのは仕方ないでしょうが、原作を見てない人にも楽しめるよう演出してくれるのが、良い映画だと思いますがね。。

これほど、マスコミの煽りと、鑑賞後のガッカリ感の対比が大きい作品は稀に見ます。
あ、スピルバーグの「宇宙戦争」が、あったな(苦笑)
[PR]
# by loveacinema | 2006-05-29 14:45 | 洋画

ポセイドン

時を同じくして、海洋パニックムービーを続けて見たわけですが。
日本と西洋の救助姿勢に、お国柄を感じました。
「海猿」は、「全員一緒に助かるんだ!」という仲間意識が強かったのに比べて、こちらは「まずは自分と家族さえ助かればOK」という個人主義。
ここが、入り込めなかった理由の一つでもあるかな。

一言で言えば「ラブストーリー抜きのタイタニック」といったところでしょうか。
いや、多少はあるんですけど、ストーリーに影響を与えるもんでもなく。
だから、船が転覆するまでが早い、早い(笑)
ちょろっとパーティーしてたら、あっという間に高波が来ました。
この辺りが、「タイタニック」の頃からCG技術もずっと進化してるのに、なぜか「いかにもCGです」というのが丸わかりで。。あまりにも、デカ過ぎる波はリアリティが無いですね。

たった90分くらいだったので、ずーっと緊張感は途切れず、ハラハラできました。
見た後には、何も残りませんが、「ああ、すごかったね」という感想は言い合えます。
やっぱり、ラブストーリー部分って必要なのね。。

カート・ラッセル演じる、元市長の父親が、娘を助けに行くときに、
「私は、元・消防士ですから、ご心配なく」ですって。映画ファンは、思わずニヤリですね。
なるほど、「バックドラフト」で、消防士を引退して、市長になって、この作品に至ると(笑)
[PR]
# by loveacinema | 2006-05-28 16:19 | 洋画

LIMIT OF LOVE~海猿~

邦画では珍しいパニックムービーですが、緊迫感が最後まで続き、飽きずに見られました。
CGも、思ったほどちゃちではなく、雰囲気を壊すこともなかったし。

なんたって、伊藤英明くんがとってもかっこよかったですわ。
後半の、炎をバックにエアタンク持って来るシーンなんて、男前度200%アップですね。ファンを一気に増やしたことでしょう。
伊藤くんだけでなく、後輩バディ役の佐藤隆太さんも今回はなかなか美味しい役どころでした。
男同士の友情っていいもんですね~。
時任さん、石黒さんあたりのベテランさんも、グッと雰囲気を引き締めていたし、男優陣はすごく良かったと思います。

ただ。。個人的には、加藤○いさんの棒読みセリフには、出るたびにイライラさせられるので、ラブストーリー部分が邪魔に思えました。
決して、ラブの部分がいらんというわけではなく、別の演技上手な女優さんであれば面白く見られたと思うんですけども。

要は、かっこいい男性たちだけ見られれば満足なんですが(笑)。
今流行の「泣ける」わ、ハラハラするわ、恋愛ありだわで、誰にでも安心して薦められる面白さでした。
これだけ、いろんな要素を詰め込んだら、大ヒットするのも納得ですよ。
[PR]
# by loveacinema | 2006-05-27 23:08 | 邦画

ピンクパンサー

実は、旧シリーズはまったく知らずに見に行った私。
「三毛猫ホームズ」のように、ピンクの豹が捜査に大活躍する話かと思ったんですが、豹は出てきませんでしたねえ。。(当たり前)

日本人に受けるタイプの、わかりやすいコメディだと思います。
その国の人にしかわからないような、ジョーク、言葉の応酬で笑わせる映画ではなく、体で笑いを表現するタイプの。
「ビーン」や「志村けん」さんあたりの笑いがお好きな方には、大うけかと。
試写会で見て来ましたが、老若男女にドッカンドッカン受けてましたよ。

主役のスティーブ・マーティンはもちろん、脇のジャン・レノがいい味出してました。
未だに、あんなことやってくれるんですねえ。気取ってなくて、素晴らしい。
彼らの「素敵なダンス」が見たい方はぜひ!
しかし、アメリカ英語の発音って、そんなに難解なのか。。どうりで、私がいつまでたっても話せないわけだ。

公式サイト
[PR]
# by loveacinema | 2006-05-10 15:45 | 洋画

デュエリスト

うわ~、エラいもん見てしまいました。。
久々の「眠気を誘う作品」ですね。
なにかというと、アクションシーンはスローモーション。。
スローというのは、ちゃんとアクションのできる役者(例:リー・リンチェイ、トニー・ジャーなど)が、たまに使ってこそ効果的なのであって、アクション慣れしてない役者がずーとスローモーションでは眠くなるほかありません。
途中で寝てしまったので、カン・ドンウォンがなぜ暗殺者になったのかも、意味不明です。
もう1回見る気はないので、永遠に謎のままでしょう。
ま、いいですわ。気にもなりませんから。

ハ・ジウォンは、全然、時代劇風のメイクでも雰囲気でもないし。
すぐに、ギャーギャー大騒ぎするので、ちっとも魅力的でもない。。
こりゃ、カン・ドンウォンのファンでも、最後まで見るのはキツイように思います。
今から見ようと思ってる映画ファンには、「ビデオでもじゅうぶん」とだけ言っておきます。
でも「映画は画の美しさだけでOK」と思ってる方なら、それなりに許せる範疇かもしれません。
[PR]
# by loveacinema | 2006-04-28 18:05 | 韓国

トム・ヤム・クン

トニー・ジャーが「マッハ!!!!!」で、スクリーンに登場した時には、日本に衝撃が走りましたよね。
今まで見たことが無いムエタイアクション、タイならではの交通手段を使ったカーチェイス。。
今回もタイならではのアクションを残しつつも、前作でそうとう資金を稼いだようで、半分は海外ロケ(オーストラリア)なんてしちゃって。
スケールが大きくなったようで、しかしアクションはややこじんまりとしちゃった感じ。。
といっても、ここからトニー・ジャーを知った人には、じゅうぶん衝撃的だと思います。

ストーリーも、前よりもずっと深みがあったのは、今回盗まれるのが「生き物」だからでしょう。
そりゃ「仏像」を盗まれるよりも、「象」さんを盗まれる方が、よっぽど感情移入できるもんね。
始まって5分くらいで、会場内にすすり泣きの声が。。こりゃ、動物好きには韓国映画よりも泣けますわ。
それに、日本人から見たら興味深い「水かけ祭り」のシーンへ。
もう、つかみはオッケーって。ここから、ぐいぐい引き込まれまるので、オーストラリアの華僑マフィアの辺りなんか、ややダルイんですが帳消しにしてくれます。

今回のタイならではのアクションといえば、細長い独特の水上ボートを使ったところでしょう。
スピード感あったし、物珍しいので目を引きます。

トニーのアクションは関節技が中心で、敵の腕や足をボキボキ折っていくので、見てるこっちまで「アイタタタ~!」となってしまう。
中華アクションと違って、痛みを感じさせますね。

敵にボコボコにされた後、なぜか突然強くなるのは、アクション映画のお約束ではあるけど。。
ナイフで刺されて、その前より技のキレが良くなるって何でやねん(笑)
血ぃ噴出さないか、心配でしたわ。いつの間にか直ってた、というか忘れてたみたいでしたが。

1時間50分はあっという間でした。
そして、あのラストにはまたまた涙。。試写会のスクリーンは少し小さかったので、また見に行っちゃいます。
[PR]
# by loveacinema | 2006-04-14 23:50 | アジア映画

連理の枝

予告編の雰囲気からして、全編悲しいお話かと思いきや、意外にも笑いどころが多かったです。
笑いのポイントは、チョ・ハンソンの先輩役を演じる「チェ・ソングク」さんの出演シーンがほとんど。この人、存在感があっていいですね~。今回、彼が一番印象に残りました。

また、難病モノかい。。と、見る前は期待してませんでしたが、主役の二人だけでなく、友人カップルの話もからめ、なかなか面白かったです。
ただ「チェ・ジウが難病、二人は恋に落ち、彼女は死ぬ」というだけの話ではなかったですしね。
といっても、一ひねりったらひねりですが、さらに上塗りって感じで、少々その落ちはクドイのでは。。(ネタバレになるので詳しくは映画をご覧ください)

これを言っては元も子もないですが。。
難病モノラブストーリーにしなくても、よかったんじゃないかな~と思いました。
面白かったし、じゅうぶんラブコメディとしていけるお話ではないかと。
ただそうなると、美味しいところを全部、チェ・ソングクが持ってくので、それはマズイのかなと(笑)
韓国って、儒教のお国だから年功序列が厳しいと聞いてましたが、最近の若い人はそうでもないんですね。
先輩に向かって、チョ・ハンソンが「おい、先輩。リモコン取ってこい」と、足で蹴りながら言うてましたから。
「オオカミの誘惑」では、あんまりピンときませんでしたが、この作品のチョ・ハンソンは、ちょっとワイルド系の男前で、これから日本でどんどん人気が出るのでしょう。(すでにファンミはすごい人数だったらしいけど、もっと)

カップルで見るも、友人同士で見るのもよい恋愛映画だと思います。
きっと、そのうちTVスポットで「泣けました~!」なんて、コメントが流れると思いますが、すすり泣きより笑い声の方が多かったですよ。

公式サイト
[PR]
# by loveacinema | 2006-04-10 23:02 | 韓国


カテゴリ
以前の記事
このblogの玄関
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧